昨日2009年5月30日(土曜)、尼崎にてNPO法人「近畿水の塾」の総会が開催されました。近畿水の塾は、近畿圏の水辺と人の関わりを考え、また関わりの場を創り出す活動をしている環境系NPO。毎月の勉強会が今年中には100を数えるということで、その地道な活動には頭が下がります。
 その総会に併せ、天若湖アートプロジェクト2007で制作・公開された映像作品、「みずになったふるさと」の上映会が開催され、引き続き映像を作った京都市立芸術大学チームの2人、谷内春子さんと高橋みはるさんを囲んでのトークショーがありました。
 丁寧に信頼関係を築きながらだからこそ捉えることができた、水没集落に暮らした人たちの真情。この経験は、アーティストとしての彼女たちにとっても、貴重なものとなったようです。
 会場には、官民学の水環境の専門家が集まっていました。中には、日吉ダムの設計や試験湛水の操作に加わった技術者の方もいて、その頃の記憶を、さまざまな角度から確かめる会になりました。

 アートをはみだして、いろんな波紋を生み出しつつある、天若湖アートプロジェクトです。
b0181268_2055762.jpg

谷内春子さんと高橋みはるさん。奥はファシリテーションを担当した、「まちの会」久保田洋一さん
[PR]
by amawakaap | 2009-05-31 20:56 | 行ってきました! | Comments(0)

ハードディスクをいじっていたら、2005年度の天若湖アートプロジェクトの映像が出てきました。


[PR]
by amawakaap | 2009-05-30 22:01 | いろいろ | Comments(2)

ぐりぐり

天若本のアイディア出しの過程でなんとなくできたVRムービーです。
マウスでぐりぐりしてみてください。

天若湖の夜

[PR]
by amawakaap | 2009-05-27 10:31 | いろいろ | Comments(0)

次の実行委員会は・・・

次の実行委員会は、
 5月28日(木)19:00〜
 ひとまち交流館京都2階(詳細未定)

です!

 これまで参加して下さっている方々はもちろん、天若湖アートプロジェクトになんか興味ある、という人も是非合流して下さい。いろんなアイディアと力をお待ちしています。

 これまでの実行委員会での決定事項も、順次アップしていきます。
 各グループの動きもどんどんお伝えしていきます。お楽しみに!
[PR]
by amawakaap | 2009-05-21 22:34 | 実行委員会たより | Comments(0)

編集会議

 昨日、書籍「天若湖アートプロジェクト/あかりがつなぐ記憶」の打ち合わせがありました。最後の課題出しといった感じで、会議は深夜に及びました。
 来週頭までにできることをしなくては。

 大切なことが決まりました!

 2009年7月1日発行!

 この日付に向けて、すべてを動かしていくことに。
ラストスパートです!
[PR]
by amawakaap | 2009-05-21 11:20 | | Comments(0)

シモムラです。
群馬で開催されている「ワタラセアートプロジェクト」へ行ってきました。
天若湖アートプロジェクト代表というよりは、ホーメイ歌手として参加してきました。
演劇公演「「はる凄惨」の音楽隊に混ぜてもらったのです。会場は大間々地区の古くからの芝居小屋(随分立派なものです)「ながめ余興場」。眼下には渡良瀬川の渓谷を望むことができます。
この芝居には、普通の意味でのストーリーはありません。舞台空間と俳優と音、ことばがなす、詩のような劇でした。本番の直前まで本がどんどん変わっていきます。当初はなかった、ホーメイと舞踏が対峙する場面が、当日になって生まれたりしました。

音楽隊は、オープンな気持ちの良い人ばかりで、くつろいで楽しく参加することができました。リーダーの上地正彦さんの、演奏家の個性をうまく引き出す気遣いと技術には感服。石川亮さんの独特のセンス、渡辺瑞季さんのソプラノサックスは音色がとても美しかった。地元のジャズ名人新井さん父子(ギター×ドラムス)も凄かったし、落合さん(からくり武者)もロックそのものといった感じでオフステージもともて楽しかったです。天若湖アートプロジェクト交流大使でもある中塚智子(瓜生山オーバートーン・アンサンブル/baffamararia/aneumo)さんのベースも、もともとそこにいたかのようなハマリっぷりでした。
私はホーメイや口琴のほか、最後のR&Rで絶叫してきました・・・

その舞台の一幕、舞踏家の石川慶さんと、ホーメイ(+ライアー(中塚)+波紋音(石川亮))の共演は、とても印象深い出来事となりました。劇の中でも有数の、緊張感のある場面になったように思います。私たちの演奏にも、新しいヒントを与えてくれたような気がします。

写真は、WAP2009ブログ:レビュー:「桐生/大間々」展 演劇公演「はる凄惨」(20090514)より


「ワタラセアートプロジェクト」は、若い人たちが表現のためだけに突き動かされるようにして動かしているプロジェクト。その風通しの良さを感じました。自分自身の表現に正直であろうとする清々しさが、地域に共鳴して行っているように思いました。そこには、「地域おこし」ツールとしての「アート」のあり方に対する、批評も含まれているのだと思います。
[PR]
by amawakaAP | 2009-05-10 16:26 | 行ってきました! | Comments(0)

京都府どまんなか、日吉ダム周辺を舞台としたコミュニティ・アートの祭典です