いろいろいきます!

6月20日のアサヒ・アート・フェスティバルのグランドオープニング・パーティと、その翌日6月21日の学生ミーティングの模様が、Frickrにアップされています。是非ご覧下さい!


AAFグランドオープニング


学生会議(大阪商業大グループ)

[PR]
by amawakaap | 2009-06-30 22:57 | 大学生たち | Comments(0)

入稿しました!

昨日28日(日),校正が完了しました。
本の話が出てから1年あまり、ようやくこぎつけました。
最後の最後まで、いろんなことがありましたが、できることは全部したと思います。
7月の中旬には上がってきます。
お楽しみに!
[PR]
by amawakaap | 2009-06-29 21:45 | | Comments(0)

企画が出そろった!

 昨日6月25日の夜、ひとまち交流館京都で、実行委員会がありました。
 アサヒ・アート・フェスティバルのグランドオープニングパーティの報告や、多大学が関わる学生会議の報告、新規フィールドである上世木地区の現地踏査報告、関係機関まわりの報告などがあり、その後今出てきている企画の整理をしました。なんかもうできそうなくらい、具体的になってきました。
 8月8日、9日の両日に亘って様々なワークショップが開催されます。
 近く整理して、このブログにも掲示します。お楽しみに!
[PR]
by amawakaap | 2009-06-26 12:36 | 実行委員会たより | Comments(0)

筏プロジェクト関連映像

 天若湖アートプロジェクト2007がきっかけとなってうまれた、「保津川筏復活プロジェクト」。桂川流域のいろいろなところを刺激しながら、進んでいます。
 今回は、筏の留め金「カン」を作っていた鍛冶屋さん(片井鉄工所)がご健在で、改めて「カン」を作っていただいたとのこと。その様子が、読売新聞社の「Yomiuri Online」に、動画で紹介されています。

8月8日には、天若湖アートプロジェクト共催事業として、NPO法人森林・環境ネットワーク主催による筏体験「杜のキャンプ・いかだ下り」が予定されています。日吉ダム直下の大堰川を、筏で遊びます。詳細についてはまたご案内します。お楽しみに!
[PR]
by amawakaap | 2009-06-24 08:36 | いろいろ | Comments(0)

天若湖アートプロジェクト2007で制作された映像作品「みずになったふるさと」についてのメイキング映像(南丹市情報センター制作)が、南丹市のホームページの「特集番組・映像資料館」にアーカイブされています。下記URLにアクセスして、探してみて下さい。
「あかりがつなぐ記憶」の落日〜点灯のシーンも、とても美しく捉えられています。

http://www.city.nantan.kyoto.jp/haishin/vod/vod_03.html


[PR]
by amawakaap | 2009-06-21 09:11 | 大学生たち | Comments(0)

朝から晩まで

 昨日6月18日(木)は、終日天若湖アートプロジェクトの件で走り回りました。
 企画が固まってきたことを受けて、各種関係機関に後援・協力等と具体的な調整事項について打合せをしてきたのです。昨日伺った機関は次のとおり。

 ・京都府南丹広域振興局企画振興室
 ・南丹市企画推進課
 ・南丹市教育委員会教育総務課
 ・南丹市日吉支所地域総務課
 ・南丹市日吉町郷土資料館
 ・日吉ふるさと株式会社
 ・日吉ダム水没移転者協議会

一日でこれだけ回るのは、なかなかの強行軍でしたが、やはり直接お話をうかがうと、いろんなことが判ります。実りの多い打合せツアーでした。

 夕方、亀岡市文化資料館に。天若湖アートプロジェクトからのスピンアウト・プロジェクト(?)である、「保津川筏復活プロジェクト連絡協議会」(長い!)の会議があったのです。ここでもいくつか大切な打合せができました。
b0181268_7503150.jpg
筏復活プロジェクト没キャラ2案:怪人イカダ法師、いかだちゃん(ともにワタシの提案でした!(泣))

[PR]
by amawakaap | 2009-06-19 06:04 | 実行委員会たより | Comments(2)

脱稿!

 6月12日(金)、本を組んでいただいているRap Design Studioへ。宿題になっていたデータをお渡ししました。まだ少しだけ残っている課題はあるけれど、ひとまとまりの本はこれでできるはず。日曜14日には、PDFゲラが届きます。楽しみ!

 その後、小川さん(キョートット出版)、さとうさん(NPO法人アート・プランまぜまぜ)と、出町のお店で細部の打ち合わせ。店から出たら駐車場が閉鎖されていてびっくり。
[PR]
by amawakaap | 2009-06-13 10:09 | | Comments(0)

今日は実行委員会

 今日も京都市の「ひとまち交流館京都」で実行委員会。予算執行のこと、広報のこと、後援依頼のことなど、話題はつきません。
 企画もだいぶ定まってきました。アラカワ君のインスタレーション計画も、大きな見直しを経て一段落。
 今日は4大学からの参加がありました。大学横断のプロジェクトもうまく進んで行きそう。

 21日(日):第1回学生ミーティング
 15日(月):ポスター記載プログラム内容確定
 22日(月):技術開発チーム上世木現地踏査
 25日(木):実行委員会・チラシ記載詳細プログラム確定

これからは実施に向けて突き進むことになります。
[PR]
by amawakaap | 2009-06-11 23:11 | 実行委員会たより | Comments(0)

京造学内ミーティング

 今日6月10日は、京都造形芸術大学の学内ミーティングがありました。みんなのアイディア出しも佳境に入ってきた感じ!
[PR]
by amawakaap | 2009-06-11 00:05 | 大学生たち | Comments(0)

小茅のことなど

 昨日6月7日(日)、今年のプロジェクト参加希望の学生たちと、天若湖の現地踏査に行ってきました。
 例年は京都造形芸術大学の学生が中心なのですが、今年は大学ネットワークができつつあって、京都市立芸大のOG、大阪商業大学、京都学園大学のみんなも来てくれました。ほかにアートNPOや、地元で制作をしているアーティストの方々の参加も。
b0181268_022556.jpg
写真は「世木林」集落があったあたりの湖面


 こうしたフィールドワークは毎年やっていますが、今年は大きな目玉がありました。山の中にあって水没は免れたものの、他の村が消えて孤立してしまうために、やはり集団で離村した集落「小茅」の跡を見に行ったのです。
 水資源機構日吉ダム管理所の小野寺所長が自ら案内して下さいました。
b0181268_051012.jpg
小茅の風景



20年ほど前まで人が住んでいた場所は、雑草と新たに生えてきた樹木に徐々に覆われつつありましたが、村の中央を流れていたせせらぎや、庭先にあったのであろう柿の木、丁寧に積まれた石積みなど、往時の暮らしを思い起こさせるものがまだ残っており、なんとも言えない気持ちになりました。

 この日、メンバーの中塚さんと佐々木さんは、近江八幡のアートプロジェクト「遺言」に参加してきました。その日の写真が、Flickrにも紹介されています。

 夕方京都に戻ってからは、編集委員メンバーで会議。遅れ気味ではあるけれど、本は着々と進んでいます!
[PR]
by amawakaap | 2009-06-09 00:08 | 行ってきました! | Comments(0)

京都府どまんなか、日吉ダム周辺を舞台としたコミュニティ・アートの祭典です