水没移転者の方から

さとうひさゑさんのブログに、素敵なエピソードが紹介されています。
沈んだ村の面影が、世代を越えて伝えられていく、そんな場面に出会ったような気がしました。

上世木のあかり
http://amagasa.exblog.jp/11765388/
[PR]
by amawakaap | 2009-08-19 23:34 | これまでのプログラム | Comments(0)

京都新聞 「凡語」欄

京都新聞2009年8月16日(日)付朝刊のコラム「凡語」にて、天若湖アートプロジェクトを取り上げてくださっています。
http://www.kyoto-np.co.jp/info/bongo/index.html

ご一読いただければ幸いです。
[PR]
by amawakaap | 2009-08-17 15:37 | これまでのプログラム | Comments(0)

水没した村の姿とその暮らしをテーマとした、「水の杜展」。
設営直後の様子をすでにご紹介していますが、その後いろいろな方が来て下さいました。


写真を立体的に構成する写真模型”フォトモ“(糸崎公朗氏考案)
かつての村の暮らしが蘇ります。


地元の方も来て下さいました。


昔の日吉のようすをうかがいました。左はアーティストの杉山優子さん


今日展覧会を訪れて下さったこの方は、湖に沈む村の、発破による解体作業に携われたそうです。その折りに誰もいなくなった村を写真で記録されたとか。「あんなに雪が降ることはない」という言葉が印象的でした。
[PR]
by amawakaap | 2009-08-11 21:50 | これまでのプログラム | Comments(0)

天若湖アートプロジェクト2009は、盛況のうちに 全プログラムを終了致しました。

ご来場下さいました皆さま、村の灯を見ながら語り合ってくださった水没集落の皆さま、ありがとうございました。厚くお礼申し上げます。

5年目になる今回は、上世木集落の夜景の初めての再現となりました。
それを楽しみに来て下さった方々、かつて関わって下さりまた遠方から駆けつけて下さった方々など、これまで続けてきたことによる縁を感じる場面に、多く出会いました。

一方で、初めての試みが多かったこともあり、技術的にも運営面においても、これまで表面に現れて来なかった課題が、いろいろと浮かび上がってきました。
これを一つの転機として、次なる「天若湖アートプロジェクト」に繋げていきたいと思います。

今後ともご期待下さい。
よろしくお願い申し上げます。


最後に、ご協力いただいたさまざまな機関と、「あかりをつなぐ記憶」をはじめとするさまざまなプログラムに尽力してくれた、ボランティアスタッフの皆さんに、改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by amawakaap | 2009-08-11 19:28 | これまでのプログラム | Comments(0)

京都新聞2009年8月4日(火)夕刊に、天若湖アートプロジェクトについての記事が掲載されています。
取っている方は、お手持ちの新聞を確認するように!
今までも、京都新聞には取り上げていただいてきていますが、今回は
・事前の告知記事であること
・丹波版でなく、全域版のニュースとして取り上げられていること
に大きな意味があると思っています。
特に後者。
天若湖アートプロジェクトの、上下流住民の相互の共感形成という、一つの目的を思う時、下流の市民が読むページに、事前に掲載された意味は、とても大きいと思います。

是非奮ってご参加下さい。


二条からのバスツアー、まだ残席あります!

YAHOO!ニュースでもみられます!
[PR]
by amawakaap | 2009-08-04 23:04 | いろいろ | Comments(0)

日吉の風土に学んだ学生たちの展覧会「水の杜展」がいよいよ開幕しました。
今年は、「村々の姿」に特にフォーカスした展示内容となっています。

・毎年恒例となった、水没集落の模型復元
・みんなの母校だった、沢田の天若校の建築模型
・日吉ダム建設によって消えた7つの村の鳥瞰図
・昔の風景写真が飛び出す!「フォトモ」
・今と昔が一目で分かる「天若今昔マップ」
・かめおか団栗団消しゴム版画グッズ展(8月3日より)

など、盛りだくさんの内容です。

・ぬりえワークショップ
・牛乳パックのあかりに絵をかこう!

などの参加型プログラムも常時開催中
是非お越し下さい!

8日(土)、9日(日)は、メインイベント「あかりがつなぐ記憶」に併せ、多彩なワークショップが開催されます。
奮ってご参加下さい。


いつもやってます「ひよしぬりえ」ワークショップ




天若の里人全員の母校、沢田集落にあった天若校の模型。
銀杏の大木は、水位の低い夏になると、今でも姿を現します。

[PR]
by amawakaap | 2009-08-02 16:44 | これまでのプログラム | Comments(0)

京都府どまんなか、日吉ダム周辺を舞台としたコミュニティ・アートの祭典です