毎日走り回ってます!

 しばらく更新が止まっていましたが、何もなかったのではなくて、あり過ぎて書けなかったという感じです。前回の技術部会報告以降、地元機関挨拶回り、全体実行委員会、大学プロジェクトセンターの見学会と、いろんな動きがありました。

■5月20日(木)
 さとう新実行委員長の挨拶回り。いつもお世話になっている地元日吉の関係機関を回ってきました。これまでの5回を経て、知名度と信頼が増してきているのを実感しました。継続は力なり、というのは本当だなあと思いました。ありがたいことです。今年も期待に応えられるよう、頑張ります!
 同日午後7時より、ひとまち交流館京都にて、全体の実行委員会。各部会の課題が洗い出されました。事務局と企画部門の人手不足は問題・・・。ことしはじっくりと落ち着いたプログラムにしたい、というのが基本方針ですが、それでも結構な数の追加プログラムが提案されてきています。運営手腕が問われるところ。

■5月23日(日)
 京都造形芸術大学プロジェクトセンターにより、天若湖見学会。この日の参加者は7名。とんでもない強風に煽られて、その場で死んだ傘が2〜3本。大変な現地見学になってしまったけれど、雨と川とダムの関わりについて考えるいい機会になったかも。
[PR]
by amawakaap | 2010-05-24 23:42 | 実行委員会たより | Comments(0)

「あかり」技術部隊

 昨日5月12日(水)は、メインイベント「あかりがつなぐ記憶」の技術部会が開催されました。土木からアートまで、さまざまな分野のプロと学生が集まりました。
 去年の反省、あかりの質の問題、事前測量の方法について、当日設営の分担・・・いろんなことがかなり具体的に話し合われました。これから2010年式「あかり」の具体的な設計に入ります。
b0181268_9543327.jpg

ミーティング風景


b0181268_9535861.jpg

「あかり」設置計画など

[PR]
by amawakaap | 2010-05-13 10:02 | 実行委員会たより | Comments(0)

 天若湖アートプロジェクトを支えるいろいろな人々によって支えられています。2005年度から湖面に設置する「あかり」の制作や地域模型、さまざまなワークショップなどに関わってきた、京都造形芸術大学プロジェクトセンターの、今年度最初のミーティングが、今日開催されました。
 全体の3/4〜2/3は、この4月に入学したばかりの1回生。少しみんな緊張していたかな。でも一緒に作業をしだしたら、すぐに打ち解けるでしょう。
 明日は設営会議。このメンバーからも出席してもらうことになりました。着実に動き出しています。
[PR]
by amawakaap | 2010-05-11 23:38 | 実行委員会たより | Comments(0)

京都府どまんなか、日吉ダム周辺を舞台としたコミュニティ・アートの祭典です