天若湖アートプロジェクト「あかりがつなぐ記憶」初日の8月7日(土)、AMネットのみなさんにより桂川とその流域を知るバスツアーが実施されます。
 本でも読めないような、桂川流域の秘史を目の当りにできるツアーです。

 桂離宮の近辺から亀岡の馬堀堤、八木の上桂川統合堰までさかのぼり、希望者はもちろん「天若湖アートプロジェクト」に合流! プロジェクトが用意する観覧バスに十分間に合う時間に、日吉ダムにアクセス可能です。
(ツアーバスからは降りますので、帰路は公共交通機関等になります)

まだ若干残席があるようです。奮ってご参加下さい。


みなさま

酷暑が続いておりますがみなさまいかがお過ごしでしょうか?
私が住む京都・京北では観測史上最多の大雨を記録し、主な道路は寸断され、給
水車が走り、改めて水の怖さと大切さを感じさせられる機会となりました。

この度、蛇口の水はどこから来て、その向こう側はどうなっているのかその現状
を知るためにいのちの水への旅を企画しました。是非のご参加お待ちしております。
AMネット代表理事 松平尚也@流域ツアーへのいざないを今後もアップ予定!宣
伝が遅れているため、知人・友人への転送・転載お願いできれば嬉しいです。


~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~

  いのちの水への旅 ~ 流域から始めよう!

   << 貸切バス、桂川流域への旅 >>

~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~

        
蛇口をひねればいつでも水が使える日本の暮らし。
雨が川に流れ込む地域や循環を意味する「流域」。
なかでも淀川流域は日本有数の給水人口を誇ります。

水道水や水の循環を支える上流の農林業や中山間地はどうなっているのでしょう?
国内外の水問題に取り組んできたAMネットでは、水と人々の未来を見つめるため
淀川の支流、桂川流域への旅(研修)を企画しました。

ほんの数十年前まで、淀川、そして桂川流域では川を通じて木材や食べ物が行き来し、
モノやヒトが交流する循環の輪が形作られていました。しかし現在では外国産の木材
や食べ物が巷に溢れ、その循環は静かに、大きく崩れようとしています。

今や日本は、国際河川の最下流にいると言われるまで海外に依存し、
「流域」を通じて支えられてきた大切な自然はやくらしは急激に失われつつあります。

普段使っている水が、どこから来てどこへ流れていくのか。
水源や流域を想像することも難しくなった都会の暮らしを見直すためにも、
まずは、いのちの水の向こう側にある流域をめぐる旅に出かけましょう。

そこから水とあなたとの新しい関係が見えてくること間違いなし!です

※案内人は長年水問題に関わってきたAMネットの神田浩史と松平尚也が務めます。


【日時】2010年8月7日(土)10:00~18:30(京都駅解散予定)
【参加費】4,000円 ※昼食費別途要
(参加費は貸切バス代、講師代、ボランティア保険代金の実費相当額です)
【対象】AMネット会員
   (会員でない方はお問い合わせください)
【集合場所】JR長岡京駅(東口)「AMネット」が目印
      http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610120


【バスルート予定】
 10:00  JR長岡京駅集合
=京都市伏見区久世・西京区・桂離宮周辺(農業用水と田畑の関係)
=昼食休憩
=京都市右京区・一ノ井堰(日本最古の堰)
=京都府亀岡市・馬堀(堤)
=上桂川統合堰 
=18:30頃 京都駅解散予定


【案内人プロフィール】
神田浩史(かんだ ひろし)
NPO法人AMネット理事、NPO法人泉京・垂井理事。
元世界水フォーラム市民ネットワーク事務局長。
2003年世界水フォーラムの折には桂川上流域でワークショップを企画。
生家のある桂川流域のフィールドワークを長年行ってきた。

松平尚也(まつだいら なおや)
NPO法人AMネット代表理事、アジア農民交流センター世話人。
世界水フォーラムの桂川ワークショップも一つのきっかけとなり上流部に移住。
実際に農に携わりながら世界の食料問題について考えている。


【参考リンク・文献】
AMネットブログ(カテゴリ「流域から始めよう!」)
 http://am-net.seesaa.net/

一ノ井堰(日本最古の堰)

 http://www.kkr.mlit.go.jp/water/06/mizuwotorusisetsu.html

上桂川統合堰

 http://agua.jpn.org/yodo/katura/katuraf.html

淀川を知る(淀川河川事務所)
 http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/know/index.html

書籍『どうなっているの? 日本と世界の水事情
    グローバリゼーション × 水 × 市民・NGO』
 http://www.atworx.co.jp/works/pub/39.html


【お申し込み】
以下の申込フォームにご記入の上、8月2日(月)までにメールでご連絡ください。
 
amnetosakaあっとyahoo.co.jp (あっとを@にしてください)

====申込フォーム===

お名前:
ご住所:
ご連絡先(携帯電話が望ましいです):

※個人情報は厳重に扱います

=============


【主催】
NPO法人AMネット

〒531-0064 大阪市北区国分寺1-7-14 国分寺ビル6F
TEL:06-4800-0888(留守電)
WEB:http://am-net.org/
BLOG:http://am-net.seesaa.net/
E-MAIL:amnetosaka[@]yahoo.co.jp
[PR]
by amawakaap | 2010-07-30 23:19 | これまでのプログラム | Comments(0)

摂南大学「あかりがつなぐ記憶」設営チームの影林君、小笠原君の奮闘が、ダムマニアのバイブル『ダム便覧』の「このごろ」欄に掲載されました。今回の豪雨によって変更せざるを得なかった計画への思いなどが綴られています。インタビューは実行委員長のさとうひさゑが行っています。是非ご一読ください!

『ダム便覧』「このごろ」

豪雨による天若湖への流木の流入についてのエントリ「大雨の爪痕」


[PR]
by amawakaap | 2010-07-28 00:31 | 大学生たち | Comments(0)

間もなく開催される「あかりがつなぐ記憶」
今年度は、8月7日(土)、8日(日)の二晩にわたり無料観覧バスを運行することといたしました。余裕をもってご覧いただけます。

観覧バスは無料の上、設営スタッフや地元に詳しい方の解説サービスもあり大変お得です!
遠方から車でお越しの方も、是非お乗り換えください!


◎日吉駅からの送迎バス
 日吉駅18:45発 → スプリングスひよし18:55着
 (JR山陰線18:34福知山行に接続)
 スプリングスひよし20:45発 → 日吉駅20:55着
 (JR山陰線21:05園部行に接続)

◎スプリングスひよしからの無料周遊観覧バス
・第1便:スプリングスひよし19:15発
 →世木林→夢のかけ橋→右岸側町道
 →スプリングスひよし着20:25
 (上記送迎バスで帰られる方は、第1便にご搭乗下さい)

・第2便:スプリングスひよし19:45発
 →世木林→夢のかけ橋→右岸側町道
 →スプリングスひよし着20:55

b0181268_00181.jpg

↑クリックで拡大↑


b0181268_00432.jpg

↑クリックで拡大↑

[PR]
by amawakaap | 2010-07-28 00:12 | これまでのプログラム | Comments(0)

 天若湖アートプロジェクトって、どんな思いや考えで動いているのか? どんな人が関わっているのか? これからは、アーティストやスタッフの生の声や姿も、ご紹介していきます。

 今回は、間もなく開催される2010年度プログラムに向け、さとうひさゑ実行委員長に思いのたけを語ってもらいました!

プロジェクトと日吉


流域とアート


今年のプログラムと課題

[PR]
by amawakaap | 2010-07-23 14:55 | 実行委員会たより | Comments(0)

天若湖アートプロジェクト2010ワークショップのご案内
牛乳パックのあかりに絵をかこう!

幼稚園~小学生対象
夏休みの自由研究にも!


今年も日吉ダムの湖面に昔の家々のあかりがともります。
牛乳パックのあかりはかつてあった世木林という村を眺める場所の足もとを照らすためのあかりです。
みんなの素敵な絵で牛乳パックのあかりをカラフルにしましょう!!

とき:2010年8月7日(土)AM11:00~PM2:00ごろ
ところ:スプリングスひよし(1階受付まで)
すること:牛乳パックでつくるあかりに絵の具などで自由に絵をかく
☆申込不要・参加費無料
 画材はこちらでお貸しします
 当日スプリングスひよしまでお越しください


お問い合わせ:天若湖アートプロジェクト実行委員会
e-mail:ama_art@mac.com
WEBサイト:http://amawakaAP.exblog.jp/

スプリングスひよしに行くには
◎公共交通機関でお越しの場合
・JR嵯峨野線(山陰本線)「日吉」下車
 ~市営バス日吉ダム線「ひよし温泉」または「スプリングスひよし」バス停(約10分)
 あるいは
 ~市営バス美山園部線「スプリングスひよし」バス停(約20分)
◎車でお越しの場合
京都市方面より約60分
・京都縦貫自動車道(園部I.C.)左折7Km
・国道9号線園部本町交差点右折 府道園部平屋線直進
・国道162号線「府民の森ひよし」看板を目印に日吉ダム方面へ

★旧殿田郵便局にてカッパづくりワークショップも行います。ぜひ足をお運びください。


b0181268_18355445.jpg

[PR]
by amawakaap | 2010-07-21 18:35 | これまでのプログラム | Comments(0)

大雨の爪痕

 今日(7月17日)はやっと晴れたけれど、昨日までの京都は大荒れでした。断続的に見舞う豪雨は、桂川や鴨川といった川を普段とはまったく違う表情にしていしまいましたし、いろいろなところで土砂崩れもあったようです。
 ここ日吉でも、2004年秋の台風23号以来の降雨となりました。豪雨は、森林内に放置された間伐材や枯れ木を押し流し、天若湖は大量の流木で埋め尽くされることになりました。
b0181268_0533096.jpg
変わり果てた世木林地区


b0181268_0541492.jpg
水面を埋め尽くす丸太とササ

b0181268_0551767.jpg
上世木小倉谷の惨状


 わたしたちのメインイベント「あかりがつなぐ記憶」は、湖面上に正確に旧集落の灯りを置いていくことが制作の重要な部分を占めます。そのためには、 船舶を用いた湖面での作業が欠かせません。この流木はその支障になるのです。
 この流木を取り除くには、数ヶ月かかるとのこと。インスタレーションの公開まではあと3週間ほど! かきわければなんとかなるさ、と素人考えで思っていたのですが、技術陣からは、スクリューへのダメージや作業効率の点から悲観的な意見も・・・ それは冷静に検討すればするほど無視できないことがわかってきました・・・
b0181268_1295742.jpg
考える実行委員たち(さとう、小笠原、影林)

 でもきっと解決する方法があるはず。 この障害が考えさせてくれるヒントだってあるはずです! 「あかり担当」の小笠原君、影林君(ともに摂南大学)は日も暮れかかった湖面に飛んでいきました。 新設計の「あかり」が、どんなものなのか。流木にまみれての作業は、どんなものなのかか。とにかく試しに設営してみよう。悩むのはそれから!
b0181268_7462328.jpg
苦闘する設営部隊。当日は120戸分設置しなくてはなりません

 手漕ぎボートでなんとか湖面に据えられた「あかり」は、満天の星の下、対岸からもはっきり確認できました。実行委員会では、8月7日の公開に向け、引き続き対策を考えていきます。ご期待下さい。


[PR]
by amawakaap | 2010-07-18 07:47 | 実行委員会たより | Comments(2)

ラジオ出演2件!

さとうひさゑです。

ラジオで天若湖アートプロジェクトの宣伝をします!
ぜひ、お聞きください。

 1.京都三条ラジオカフェ 「京都遊空間」~ようこそ「遊子庵」へ
   7月18日(日) 14:30~

 2.京都三条ラジオカフェ    7月19日(月・祝) 10:30~


 FM79.7MH2
[PR]
by amawakaAP | 2010-07-15 23:18 | 実行委員会たより | Comments(0)

殿田郵便局ギャラリー

今日は今年から新しい展示場所として加わった
旧日吉郵便局をカルティベーション・パートナーズの山田さんと下見に行きました。

今は役割を終えた郵便局です。

かつてJR日吉駅が「殿田駅」だった頃は「殿田郵便局」という名前だったそうです。
オリジナルの名前をとって「殿田郵便局ギャラリー」と名付けました。

JR日吉駅から徒歩10分
踏切をこえてすぐ、生活の匂いのする会場(普段はダムが舞台ですので・・・)での
展示は天若湖アートプロジェクトにとって新しい試みです。

今日もたくさんのアイディアが出ました。
ご期待ください!

・・・・

殿田郵便局ギャラリー
カルティベーション・パートナーズ「みんなのカッパ展」
2010年8月7日(土)、8日(日)

※7日はワークショップも予定
b0181268_062068.jpg

・・・・

さとうひさゑ
[PR]
by amawakaAP | 2010-07-13 00:07 | これまでのプログラム | Comments(0)

制作風景

b0181268_23244148.jpg



9日は一日掛けて130戸分の灯りを製作。オープニングまで一月を切って、制作も大詰めに!
[PR]
by amawakaAP | 2010-07-11 23:24 | 実行委員会たより | Comments(0)

プログラム決定!

全てのプログラムが決まりましたので、以下に記載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・あかりがつなぐ記憶
日時:8月7日(土)、8日8日(日)2晩、日没から日の出まで
場所:京都府南丹市、日吉ダム周辺
内容:「あかりがつなぐ記憶」は、日吉ダム・天若湖全体を舞台にした壮大なアートです
8月の夜、2晩だけ、水没した天若集落(約120戸)の家々のあかりが、ダム湖面に浮かびます
時空を超える幻想的なあかりをぜひ体験してください。
当日はガイド付き観覧バスもあります(詳細は公式ブログにて確認してください)

・水の杜展〜天若湖アートプロジェクト2005~2010~
日時:平成22年8月6日(金)〜9日(月)10時から閉館まで※最終日は昼12時まで
場所:スプリングスひよし2Fギャラリー
内容:天若湖アートプロジェクトの紹介を中心に、天若地域の環境文化に触れる展示を行います。無料

・ワークショップ
1、牛乳パックであかりをつくろう
日時:平成22年8月7日(土)
場所:スプリングスひよし2Fギャラリー
内容:ワークショップで作った作品は、夜間「世木林・あかりのみち」で展示します。無料。

2、桂川で遊ぼう!
日時:平成22年8月8日(日)11:00〜15:00
場所:桂川河畔(スプリングスひよし歩道橋近傍)
内容:川遊びのエキスパートと一緒にEボート、ストーンペインティングなどを体験します。無料

※バスツアーについて
○交通の便の確保:外周道路から湖面を鑑賞する観覧バスを運行する他、
京都市内及び大阪府内からのバスツアーを企画しています。
[PR]
by amawakaap | 2010-07-06 06:40 | これまでのプログラム | Comments(0)

京都府どまんなか、日吉ダム周辺を舞台としたコミュニティ・アートの祭典です