人気ブログランキング |

いろいろ

あいかわらず動いてます!

■5月25日(火)
 湖面に点灯する「あかり」の設計制作を担当する京都造形芸術大学のチームで、あかりの構造についてのディスカッションが行われました。いままで想像もしなかった形式のが出てきたりして、ちょっとびっくりです。転倒しない構造、明るさに加え、灯りの表情も大切なテーマとして意識が共有されてきました。今年はいい灯りになりそうです!

■5月26日(水)
 天若湖「おとな会議」。天若湖に関わってくださっているシニアアドバイザーの会議。実務を少し離れての「考え方」について話し合いました。この日は、摂南大学の澤井先生を中心に、天若湖アートプロジェクト全体のコンセエプト文について考えました。対外的にもスタッフ自身にとってもよりどころになるようなもの・・・。

■5月29日(土)〜30日(日)
 京都アートフェスタ「アートダイブ2010」 に天若湖アートプロジェクトのブースを設置。多くの方が訪ねて下さいました。ボランティア見学会に応募して下さった方も!
b0181268_037023.jpg


■同じく5月29日(土)
 京都造形芸術大学通信教育部の授業で、天若湖アートプロジェクトが取り上げられました。「地域文化演習〜桂川流域誌」というスクーリング。天若の地にてその風土とアートプロジェクトの関わりについて講義、見学、議論が行われました。
 この日はその他にも、亀岡市文化資料館では保津川の古写真や絵はがきについてのフォーラムが、船岡では古い船宿についてのシンポジウムが開催されていたりしました。桂川をつなぐ行事が目白押しの一日でした。

日吉の山で手折ってきたジャケツイバラの花。このひとときだけの山の彩りです。
b0181268_053146.jpg

by amawakaap | 2010-06-02 00:44 | 実行委員会たより

京都府どまんなか、日吉ダム周辺を舞台としたコミュニティ・アートの祭典です