天若湖妄想大作戦!

天若湖アートプロジェクトの代名詞となっている大規模インスタレーション「あかりがつなぐ記憶」。
これももともとは、一人の学生の思いつきからスタートしたものでした。

あたらしく生まれた湖面で、どんなことができるだろう。
その問いについて、自由に考えた中から出てきたアイディアでした。

「湖面を活かす、それに触れることで活き活きとした場所にする」というのが、天若湖アートプロジェクトの原点。
今年はそこに立ち戻って、アーティストによる「天若湖を活かす」アイディア展を開催します。

題して「天若湖妄想大作戦」

ここから新しい何かが生まれるかも

お楽しみに!
 



ここでは、その一部をご紹介することにいたしましょう。
もっとじっくり見たい方は、是非会場へ!

実行委員会 「『あかりがつなぐ記憶』が妄想だった頃」
中塚智子 「amawaka sound scape」
下村泰史 「天若湖は歌っている」、「もうひとつの『あかりがつなぐ記憶』/よみがえる巨椋池」
河村啓生「焚き火を囲む会」、「湖面に浮かぶ青い街灯」 、「アート特需を起こす」、「その他のアイディア」




<会期>2011年8月4日(木)〜8日(月) 10:00〜16:00(最終日は12:00まで)
<場所>スプリングスひよし2階ギャラリー
[PR]
by amawakaap | 2011-07-29 19:29 | これまでのプログラム

京都府どまんなか、日吉ダム周辺を舞台としたコミュニティ・アートの祭典です